1. ホーム
  2. 福祉・健康
  3. 高齢福祉
  4. 地域包括支援センター

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは?

地域包括支援センターは、高齢者のみなさんがいつまでも住み慣れた地域で生活ができるよう支援するための機関です。保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士等がお互いの専門性を活かし、チームで介護や健康、医療や福祉に関する支援を行っています。

【高齢者の総合相談】
日常生活での困りごと、悩んでいることの相談

【介護や健康のこと】
・高齢者の方の健康維持・増進についての相談
・要支援の認定を受けている方、総合事業対象者の方の生活や介護サービスについての相談

【権利を守ること】
成年後見制度や虐待、消費者被害などの相談、各関係機関との連絡調整

【暮らしやすい地域づくり】
住み慣れた地域で暮らすことができるよう、医療・保健・福祉などの関係機関とのネットワークづくり

美浦村の地域包括支援センター

美浦村の地域包括支援センターは下記の1か所で、美浦村全域を担当しています。

名称 美浦村地域包括支援センター
所在地 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515番地(福祉介護課内)
電話/FAX 029-885-0340/029-885-5933
E-Mail hokatsu★vill.miho.lg.jp
※★を@に置き換えて送信してください。)
開所日・時間 月~金(祝日は除く)午前8時30分~午後5時15分

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)

介護保険制度の改正により、美浦村では平成29年4月から介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」と言います。)を開始しました。
これまで、介護保険における要支援者の方の訪問介護や通所介護のサービスは、全国一律の基準で提供してきましたが、総合事業では、様々な生活支援のニーズに地域全体で応えていくため、これまでと同様のサービスに加え、多様な担い手による新しいサービスを提供します。
介護予防・生活支援サービス事業の利用にあたり、要支援認定だけではなく、基本チェックリストによる事業対象者の判定が加わり、簡易な手続きで、迅速なサービス利用開始が可能となりました。

《サービス利用までの流れ》

『地域包括支援センターサービス利用までの流れ』の画像

介護予防・生活支援サービス事業

【訪問型サービス】
利用者が自立した生活ができるようホームヘルパー等が居宅を訪問し、入浴や食事などの生活支援を行います。

【通所型サービス】
通所介護施設で、食事・入浴などの基本的サービスや生活機能向上のための支援を行います。また、目標に合わせた選択的サービスも提供します。

【ミニデイサービス(半日型)】
出かける機会が少なく、閉じこもり気味の方で、継続的に運動等による介護予防が必要な方を対象とした教室です。
◎対象者
・事業対象者(65歳以上の方で生活機能の低下が認められた方)
・要支援1・2の方

※ミニデイサービスについて詳しくはこちら(PDF形式/969KB)をご覧ください。

一般介護予防

老人クラブ等団体に年1回健康運動指導士が出向き、介護予防のための講話と運動を行います。

包括的支援事業

【総合相談支援事業】

  • 高齢者の方や、そのご家族の相談を受け、適切なサービスにつなげます。
  • 相談の内容によってサービスや制度に関する情報提供を行い、関係機関への紹介などを行います。

【介護予防ケアマネジメント事業】

要介護認定の要支援1・2となった方、介護予防・日常生活支援総合事業の事業対象者の方が、自分らしく生活できるようサービス計画の作成を行い、必要なサービスが受けられるよう支援します。(居宅介護支援事業所に委託されることもあります。)
※事業対象者:日常生活の様子や心身の状態などを25項目の質問にて確認する基本チェックリストに記入していただき、基準に該当した方。

【権利擁護事業】

  • 虐待の防止・早期発見など、高齢者の方が「自分らしく尊厳ある生活」を送れるように取り組んでいきます。
  • 認知症などで判断能力が十分でない方が成年後見制度を利用する際、手続などの支援を行います。

【包括的・継続的マネジメント事業】

  • 適切なサービスが提供されるように、ケアマネジャーへの助言や支援を行います。
  • 皆さんのお住まいの地域や、介護・医療・福祉など様々な関係機関と連携し、安心して暮らしやすい地域にするためのネットワークづくりを行います。

【在宅医療・介護連携推進事業】
医療と介護の両方のサービスを必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、医療機関や介護保険事業者との連携を強化していきます。
◎在宅生活を支援していくための「在宅ケア連携ノート」を作成しました。

【生活支援体制整備事業】
生活支援コーディネーターを配置し、協議体を活用しながら、多様な主体による多様な介護予防・生活支援サービス多を提供する体制構築を推進していきます。

【地域ケア会議推進事業】
地域ケア会議を開催し、個別ケースの検討から地域課題の解決の検討を通じて、地域包括ケアシステムの構築を推進します。

【認知症総合支援事業】
高齢化の進行に伴う、認知症高齢者の増加に対応し、「認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けることができる社会」の現実を目指した取り組みを行います。
認知症の症状や、相談窓口についてまとめた『美浦村認知症・医療ガイドブック』を作成しましたのでご活用ください。

1.認知症初期集中支援事業 認知症またはその疑いがある方やご家族の自宅をチーム員(保健師、社会福祉士等)が訪問して、認知症サポート医と連携しながら支援を行います。
※認知症期集中支援チームについて詳しくはこちら(PDF形式/261.72KB)をご覧ください。

2.おかえりマーク 事前登録した番号の入ったシールを服や靴などに貼っておくことで、行方不明になり警察などに保護された際、登録番号から迅速に本人を特定し、家族に連絡することができます。

◎対象者:認知症及び認知症の疑いにより徘徊行動がみられる方又は徘徊のおそれのある方
◎対象者の写真を添付し、地域包括支援センターに申請してください。※申請書はこちら(PDF形式/166.1KB)
◎シールを貼っている方を見かけたら稲敷警察署(TEL029-893-0110)へお電話を。その際、シールの番号を伝えてください。対象者には驚かせないよう、「こんにちは」などと声をかけてください。

3.成年後見制度利用支援事業 認知症などで判断能力が十分でない身寄りのない高齢者等が成年後見制度を利用する場合に申立てに関する支援をします。

4.認知症サポーター養成講座 認知症の人やその家族を理解し、支え合う地域づくりのため、認知症について正しい知識をもつサポーターを養成する講座です。
自治会、商店、職場、学校、各種団体に講師(キャラバンメイト)が出向いて勉強会を行っています。費用は無料で、修了者にはオレンジリングを配布します。
◎講座の様子(PDF形式/233.56KB)(新しいウインドウで開きます)

5.オレンジカフェ(認知症カフェ) 認知症の方やご家族、医療、福祉の専門職が気軽に集い、お茶を飲みながら語らい、交流ができる場所です。

任意事業

【介護給付費適正化事業】
不必要なサービスが提供されていないか等、ご利用者に適切なサービスを提供できる環境を整えます。

【家族介護継続事業】
(1)家族介護教室
要介護者を介護する家族等に対し、適切な介護知識・技術を学んでもらえるように家族介護教室等を行います。

(2)紙おむつ等購入費助成
要介護または要支援と認定された在宅の高齢者に紙おむつ等購入費の一部を助成し、介護の経済的負担の軽減を図ります。

※所得制限あり。1カ月の限度額7,000円。

(3)介護家族慰労金
要介護3・4・5の認定を受けている村民税非課税世帯に属する高齢者で、過去1年間介護保険サービスを受けず、在宅で介護している介護者に慰労金を支給します。(年額10万円)

※対象となる可能性のある方には、7月末頃に案内文を送付しますので、申請書に必要事項を記載の上、8月1日~31日までに役場福祉介護課にご提出ください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉介護課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-885-5933

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2021年4月23日