文字サイズ
標準
拡大

緊急情報

現在、緊急情報はありません
  1. ホーム
  2. 防災対策
  3. 自主防災組織

自主防災組織

~自分たちのまちは自分たちで守ろう~

本組織は災害対策基本法「防災に関する組織及び住民の隣保協同の精神に基づく自発的な防災組織の充実を図る」に基づき、全国的に自主防災組織の結成が進められております。
美浦村では平成17年度より結成事業がはじまり、住民による消火栓訓練が各地で行われており、防災意識の向上が図られています。

 

なぜ自主防災組織が必要なの?

大災害が発生した場合、公的機関による救援救助活動が開始されます。
しかしながら、すべての地域に、早急に対応することは困難になります。
例えば、阪神淡路大震災、新潟中越地震のときのように、道路が不通になり、ライフラインが寸断されたり、同時に多数の火災やけが人が発生すると、通常の場合と同じような消防活動や救助活動を公的機関が行うには無理が生じます。
大災害時に家屋内で生き埋めになった人の救助データによると、約80%の人は自力、家族、隣人に救助され、公的機関による救助は約20%という調査報告があります。
データからもわかるように、大災害時に初期救援活動に必要な大きな力、つまり自主防災で得た知識、活動が被害を最小限に食い止めることができます

 

自主防災組織で何をやるの?

いざ災害が発生した場合に、迅速かつ安全に動くには、日頃からの訓練が必要不可欠です。
地区の総会で、防災について話し合い、消火器や救出機材、備蓄品等の防災資機材を購入し、実際に防災訓練を行い、地域一体となった組織を運営していきます。

【平常時の主な活動

  • 防災訓練の実施
  • 防災知識の啓発
  • 災害危険箇所の巡回・点検
  • 資機材購入・点検

【災害時の主な活動】

  • 初期消火活動
  • 負傷者の救助
  • 救護
  • 避難誘導
  • 情報収集

 

私たちの地区にも自主防災組織をつくりたい

自治会・町内会が中心になって、災害に対応するため組織の結成をお考えください。支援事業として、結成助成金、救急救助品や備蓄品、災害救助に必要な資機材の整備を行っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課です。

本庁舎2階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-885-4953

お問い合わせフォーム

アンケート

美浦村ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2018年12月14日