1. ホーム
  2. 観光・イベント
  3. 美浦の文化財
  4. 美浦村文化財センター
  5. 美浦村文化財センター(陸平研究所)より

美浦村文化財センター(陸平研究所)より

美浦村には国指定史跡の縄文遺跡・陸平貝塚や、中世の木原城址をはじめ、古くからの歴史を物語る多くの文化財が残されています。

村では、これら地域の宝である文化財の保存と活用を通して楽しみながら郷土の歴史に触れてもらおうと、住民の方々とともに「ハンズ・オン陸平(陸平に触れてみよう)」と銘打った、さまざまな体験講座やイベント、それに調査などを実施しています。
みなさんも是非ご参加ください。

美浦村文化財センター(別称 陸平研究所)

 《沿革》
美浦村文化財センターの前身は、村内の遺跡から出土した遺物の収蔵・整理施設であったプレハブ建物でした。そこには陸平貝塚などの発掘に参加する多くの学生や研究者が集まり、熱心に調査研究がおこわれたため、「陸平研究所」という看板が掲げられました。その後、陸平貝塚の保存と活用を進めるボランティアの方たちの活動拠点にもなり、そこからさまざまなイベントや体験事業が発信されるようになります。このようなソフト先行の文化財保護・活用活動は、「博物館はもう動いている」(博物館のような立派な施設も無いのに、活動は博物館以上におこなわれている)と評されることになります。
そして、以上の活動実績を受けて、平成16年にオープンしたのが現在の文化財センターです。収蔵室と整理室の他に、新たに陸平貝塚のガイダンスも兼ねた展示室と、体験室や、ボランティアの人たちが集える部屋も設けられました。別称として継承された「陸平研究所」という名前には、それまで関わった多くの人たちの熱い想いが込められています。

 『マスコットのリクルとタイラがお出迎え』の画像 

所在地

〒300-0404 茨城県稲敷郡美浦村土浦2359
TEL:029-886-0291 FAX:029-886-0471

開館時間

午前9時~午後5時
随時受入の縄文体験を行っています。 

休館日

月曜日・祝日・年末年始
※月曜日が祝日と重なった場合は翌火曜日も休館です。
※平成31年5月3日(金)、4日(土)は開館。

交通アクセス

◇車(by car)
 
常磐自動車道「桜土浦IC」より国道125号バイパスで約40分
 圏央道「阿見東IC」「稲敷IC」より15分
 ※県道122号線沿いにある「陸平貝塚」の看板が目印です。
◇バス(by bus)
 
JR土浦駅より西口1番バスのりば木原経由江戸崎行き
 「谷津入」下車タクシーで約5分または「大谷」下車3.5km

マスコットのリクルとタイラがお出迎え

▲ マスコットのリクルとタイラがお出迎え

展示室 

展示室は開館日ならば自由に見学することができます。規模は小さいですが、陸平貝塚の出土品や村内各地から出土した考古資料を展示しています。

週末(主に第2・4日曜日)には、文化財協力員による見学案内も実施中です。

貝層の剥ぎ取り断面

貝層の剥ぎ取り断面

▲ 貝層の剥ぎ取り断面

▲ 佐々木も宿泊した旧川岸屋旅館の壁に描かれていた土器文様。 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは文化財センターです。

〒300-0404 茨城県稲敷郡美浦村土浦2359

電話番号:029-886-0291 ファックス番号:029-886-0471

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2019年3月15日