環境を整えるサービス

特定福祉用具購入

 入浴や排泄に用いる福祉用具の一定のもの(特定福祉用具5種類)を購入した際に、年間10万円までを限度に代金の9割(上限9万円)または8割(上限8万円)が支給されます。

《費用の目安》 

腰掛け便器 800円~2,500円
特殊尿器 7,000円~8,000円
入浴補助用具 1,000円~3,000円
簡易浴槽 7,000円~19,000円
移動用リフトのつり具 3,500円~4,800円
福祉用具を購入する際には、事前に介護支援専門員(ケアマネージャー)又は地域包括支援センターにご相談ください。

福祉用具貸与

 心身機能が低下し、日常生活を営む支障がある要介護者の日常生活の便宜を図るため、福祉用具の貸出をするサービスです。

《費用の目安》

車いす 350円~1,500円
車いす付属品(クッション、電動補助装置など) 200円~1,000円
特殊寝台(ベッド) 1,000円~2,000円
特殊寝台付属品(マット、サイドレールなど) 50円~4,000円
じょくそう(床ずれ)予防用具(エアマットなど) 800円~1,200円
体位変換器 300円~800円
手すり(据え置き型など工事を伴わないもの)
100円~1,000円
スロープ(工事を伴わないもの)
350円~1,200円
歩行器
200円~500円
歩行補助つえ
100円~150円
認知症老人徘徊感知機能 100円~1,200円
移動用リフト(つり具部分を除く) 1,000円~4,000円
印以外については、要支援1・2と要介護1の人は原則として、対象となりません。ただし、必要と認められた場合は、例外的に対象となります。

居宅介護住宅改修

 居宅の要介護者が、居住する住宅に(1)手すり取付(2)段差の解消(3)滑り防止・移動円滑化等のための床、通路面の材料変更(4)引き戸等への扉取り替え(5)洋式便器等への取り替え(6)それらの住宅改修に付帯して必要となる住宅改修を行った際に、同一住宅で上限20万円の9割(上限18万円)または8割(上限16万円)まで支給されます。 希望する改修内容が給付の対象になるかどうか、事前にケアマネージャーや役場福祉介護課へ相談してください。

《手続きの流れ》

  1. 【申請】 事前に、住宅改修が必要である理由書(ケアマネージャーに作成を依頼)と工事費の内訳書を添付して申請書を提出します。
  2. 【工事・支払い】
    ・改修前と改修後にそれぞれ日付入り写真を撮影します。
    ・改修費用をいったん全額自己負担して事業所に支払います。
  3. 【払い戻しの手続き】 工事が終了したら、写真や領収書等を提出します。
  4. 【払い戻し】 工事が介護保険の対象であると認められた場合、20万円を限度に工事代金の9割(上限18万円)または8割(上限16万円)を指定の口座に振り込みます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは福祉介護課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-885-5933

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年9月17日