消防

火事のとき

 大声で「火事だ!」と叫び、応援の人を呼んでください。そのあとで局番なしの119番で消防署へ電話をかけ、落ち着いて自分の住所、付近の目標、何が燃えているかなどを知らせてください。消防車が到着するまでは、消火器などで火を消すか、火の勢いや煙の状況によってはただちに避難してください。逃げ遅れた方がいるときは、消防署員に知らせてください。

消火栓の取り扱い

※非常時、消火栓は誰でも使用できます。

(1)格納箱の中身

  1. ホース(1本/20メートル)
  2. 筒先
  3. 消火栓ふた開閉器
  4. 消火栓バルブ開閉器

(2)消火栓のふたを開ける

『』の画像

 

(3)ホース・筒先を付ける

『』の画像

(4)準備確認


筒先の人が準備できているか

(5)バルブ開放

いきなり開けると危険、ゆっくり開ける

(6)放水開始


水圧が大きいので、しっかり持つ

《火の用心 -7つのポイント》日頃の備え

  1. 家のまわりに燃えやすいものを置かない。
  2. 寝たばこやたばこの投げ捨てはしない。
  3. 天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
  4. 風の強いときは、たき火をしない。
  5. 子供には、マッチやライターで遊ばせない。
  6. 電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない。
  7. ストーブには、燃えやすいものを近づけない。

古くなった消火器の取り扱い

 消火器が破裂し、受傷する事故が発生しています。一般的に消火器の耐用年数は概ね8年となっており、特に腐食や変形がある消火器は破裂の恐れがありますので、屋外に放置したり、消火訓練などには絶対に使用しないでください。
 なお、廃棄する場合は専門業者に依頼して適正に処分してください。詳しくは、役場総務課消防係にお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課です。

本庁舎2階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-885-4953

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年2月20日