児童手当

児童手当とは

 児童手当は、子ども手当と同様に次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援するという趣旨のもとに、子どもを養育している方に手当を支給する制度です。

対象(請求者)

 美浦村の住民基本台帳に記載がある方で、次のいずれかに該当する方

  • 支給要件に該当する子どもを養育している父もしくは母で、子どもと生計が同一である。
  • 支給要件に該当する子どもを養育している父母以外の養育者で、子どもの生計を維持している。
児童手当の請求者となる方は、生計中心者(子どもの養育者のうち、恒常的に所得が高い方)となります。

所得制限の導入

 所得制限限度額を上回る方は、支給金額が異なります。

《所得制限限度額表》

扶養親族等の人数 所得制限限度額 収入額(目安)
0人 622万円 833.3万円
1人 660万円 875.6万円
2人 698万円 917.8万円
3人 736万円 960.0万円
4人 774万円 1002.1万円
5人 812万円 1042.1万円
 受給者の所得のみで判断します。配偶者との所得の合算ではありません。
 受給者が前年の所得の最多者ではなくなった場合は、受給資格者が変更となる場合があります。その際は、新たな受給資格者(前年の所得の最多者)に各種申請を行っていただくこととなります。

支給金額

 手当の額は子ども一人につき下表のとおりで、「6月、10月、2月の各月10日」にそれぞれの前月分までの手当が支給されます。なお、10日が土・日曜日、祝日のときは、その直前の金融機関の営業日に支給されます。

《所得制限限度額内の方》

0歳~3歳未満 3歳~小学校修了前 中学生
第一子・第二子 ( 第三子以降 (
15,000円 10,000円 15,000円 10,000円
「0歳から18歳に達する日後の3月31日までの間にある子ども(支給対象児童)」の数で、第一子、第二子、第三子…と数えます。


《所得制限限度額以上の方》

0歳~中学生(一律)
5,000円

申請(認定請求)について

 児童手当の申請は、原則として転入等をした次の日から数えて15日以内()に申請をしてください。申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。(特に里帰り出産をされる方については、申請が遅れるケースがありますので、里帰りをする前に美浦村教育委員会子育て支援課にご連絡ください。)
 なお、災害などやむを得ない理由により申請ができなかった場合には、そのやむを得ない理由が解消した後15日以内()に申請をすれば、転入等の日の属する月の翌月分から支給されます。


《申請が必要なケース》

  • 子どもが生まれた場合
  • 他市町村から転入された場合 など
15日目が土・日、祝日、12月29日から1月3日にあたるときは、その翌日までとなります。

《提出書類》

  • 児童手当認定請求書 (※ 子どもの数が増える(減る)場合は、児童手当額改定請求書(額改定届)
  • 請求者名義の振込先口座番号等の分かるもの
  • 印鑑
  • 上記の他に、
    • 請求者が被用者年金(厚生年金、共済年金等)の場合は、請求者の健康保険被保険者証の写し、または年金加入証明書
    • 子どもと別居している場合は、別居の理由、監護関係を明らかにする申立書
    • 子どもの住所が美浦村以外の場合は、子どもの属する世帯全員の住民票の写し
    • 平成28年1月2日以降に美浦村に転入された方は、所得証明書
受給要件によっては他の書類が必要な場合もあります。

《現況届について》 
 現況届は、6月の中旬に現在の受給者宛てに郵送しますので、早めの提出をお願いします。
 現況届は、引き続き児童手当を受けるための要件を満たしているか確認するため、受給者の方すべてに提出していただく必要があります。

◎次のような場合、必ず教育委員会子育て支援課へ届出を行ってください。

  • 請求者、または子どもの住所や氏名が変わったとき
  • 請求者が公務員になったとき
  • 請求者が公務員をやめたとき
  • 児童手当の振込先金融機関を変更するとき(ゆうちょ銀行への変更、請求者以外の方名義の口座への変更はできません)など

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子育て支援課です。

本庁舎2階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-885-8270

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2017年9月25日