1. ホーム
  2. 福祉・健康
  3. 健康
  4. ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

 ジェネリック医薬品とは、先に開発された先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に、他のメーカーが同様に製造したものです。添加物等が違うものもありますが、先発医薬品と同一の有効成分を含み、品質・有効性・安全性が同等であるものとして認められたものです。
 先発医薬品の開発成果を利用できるので研究開発費が少なくすむため、価格(薬価)が低く設定されています。

どうして「ジェネリック医薬品」が話題なの?

 わが国では少子高齢化が進み、国民医療費の増加が話題となっています。患者負担の軽減や医療保険財政の改善を図るため、ジェネリック医薬品の使用を進める動きがあります。

「ジェネリック医薬品」を利用すると・・・

 ジェネリック医薬品の価格は平均すると先発医薬品の約半額。すなわち、患者さんのお薬代の負担軽減にもつながります。また、日本全体の医療費としては年間で約1兆円も節減できるといわれています。

○例えば・・高血圧症の場合(代表的な薬を1日1回、1年間使用した場合)

自己負担割合 先発医薬品(新薬) ジェネリック医薬品 差額
3割負担 14,760円 7,130円 7,630円
1割負担 4,920円 2,380円 2,540円

「ジェネリック医薬品」をもっとよく知ろう

  • 1つの先発医薬品に対し、たくさんのジェネリック医薬品が販売されています。
  • 味やにおい、大きさなどを改善したり、保存性をよくするなど、工夫された製品もあります。
  • 変更を希望する先発医薬品に対して、ジェネリック医薬品が製造されていないこともあります。
  • 薬局に在庫がないとき、お薬を用意するのに時間がかかることもあります。
  • 病気や体質によっては、先発医薬品からジェネリック医薬品に変更できないこともあります。
  • 医薬品の価格が安くなっても、患者さんの負担が変わらないこともあります。

「ジェネリック医薬品」に興味を持ったら

 まず、医師・歯科医師に相談してみてください。ジェネリック医薬品に変更できる処方箋をもらったら、あなたの「かかりつけ薬局」へ処方箋をお持ちになり、どのようなジェネリック医薬品に変更できるのか、薬剤師にご相談ください。

「ジェネリック医薬品希望カード」をご存じですか?

 ジェネリック医薬品希望カードを診察券と一緒に提出したり、医師や薬剤師さんに見せれば、ジェネリック医薬品への切り替えの意向が伝えられます。
 ジェネリック医薬品希望カードは、以下の団体ホームページでダウンロードすることができます。また、ジェネリック医薬品の詳細についても、このホームページをご覧ください。

  • 日本ジェネリック医薬品学会が運営する「ジェネリック医薬品」の総合サイト 「かんじゃさんの薬箱」 http://www.generic.gr.jp/
美浦村では、国民健康保険または長寿医療制度に加入している方に、「ジェネリック医薬品希望カード付きパンフレット」を国保年金課窓口で配布しています。ご希望の方は、役場国保年金課窓口までお越しください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-885-5933

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年9月16日