1. ホーム
  2. くらし・環境
  3. 住民記録・印鑑・戸籍
  4. パスポートの申請・交付

パスポートの申請・交付

 平成21年6月1日から、美浦村にお住まいの方は、美浦村役場住民課内のパスポート窓口でパスポートの申請・交付ができるようになりました。

※美浦村に住民登録されている方は、県内の各市町村窓口やパスポートセンターは、ご利用することはできません。

パスポート申請手続きの内容

《申請できる方》

  • 美浦村に住民登録されている日本国籍の方
  • 県外に住民登録をしていて、美浦村に居住(学生、単身赴任者等)している日本国籍の方(居所申請)
    ※居所申請の際は、居住確認書類(居所の記載のある学生証及び社員証等)が必要になります。

《取扱窓口》
 美浦村役場総務部 住民課 パスポート窓口

《取扱日時》
 申請・受領/月曜日~金曜日 午前9時~正午および午後1時から午後4時45分
※土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日を除く。

《交付予定日》
 申請日から8日目以降
※土・日曜日、祝・休日、12月29日~1月3日は日数に含めません。

《申請の際に必要なもの》
1.一般旅券発給申請書(10年用・5年用) 1通

  • 窓口に備え付けてあります。
  • 未成年(20歳未満)の方は、5年用のみとなります。

2.戸籍抄本または謄本(発行の日から6カ月以内のもの) 1通

  • 本籍が美浦村の場合、申請の際に取得できます。美浦村以外の場合は、事前に本籍がある役所で取得してください。
  • 同じ戸籍内の人が、同時に申請する場合は、全員分として戸籍謄本1通の提出にすることができます。
  • 有効期限内に新しい旅券に切り替える方で、前回旅券から氏名・都道府県の県名に変更がない場合は、戸籍抄(謄)本の提出を省略することができます。(ただし、一時帰国者は省略できません。)

3.写真(6カ月以内に撮影されたもの) 1枚

  • 申請者のみが撮影されたもので、下の図の寸法(単位:ミリメートル)を満たしているもの。
  • 縁なし、正面向き、無帽、無背景で、顔がはっきりと写っているもの。白黒可。
  • なるべく貼らずにお持ちください。
受付できないもの
  • 髪が顔を覆っていたり、マスクサングラス等で顔の一部が隠れたりしているもの。
  • 目元がはっきりしないもの。(光が写り込んでいる、眼鏡のフレームがかかっている、濃い色の眼鏡・カラーコンタクトを装用等)
  • 不鮮明なもの、傷がついているもの、画像の加工処理(解析度、背景、大きさ等)をしているもの。
  • 平常時の相貌と著しく異なるもの。
※ボックス写真やデジタルカメラ等、ご自分でお撮りになる場合は、ご注意ください。場合によっては、撮り直しをお願いする場合があります。
※子供につきましても、大人同様一人で撮っていただきます。また、乳児の場合、無地のふとんに寝かせて、親御さんが撮ったものでも構いませんが、写真店でお撮りになることをお勧めします。

4.申請者本人を確認できる書類
 次の書類を提示してください。(現に有効なもの、コピー不可)

【1】1つで本人を確認できるもの(写真を貼ったもの)
日本国旅券(失効後6カ月以内のものを含む)、運転免許証、写真付き住民基本台帳カード、船員手帳、小型船舶操縦免許証、海技免状、宅地建物取引主任者証、電気工事士免状、無線従事者免許証、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、認定電気工事従事者認定証、特殊電気工事資格者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、運航管理者技能検定合格証明書、動力者操縦者運転免許証、写真付き身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)、教習資格認定証(猟銃、都道府県公安委員会発行のものに限る)、合格証明書(警備員、都道府県公安委員会発行のものに限る)、官公庁(独立行政法人、特殊法人および官公庁の共済組合を含む)職員身分証明書(写真が貼ってあるもの)、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)
【2】2つ必要とするもの
(1)と(2) (例)健康保険証+会社の身分証明書(写真を貼ったもの)
(1)と(1) (例)健康保険証+厚生年金証書(手帳)
(1) 健康保険証、国民健康保険証、共済組合員証、船員保険証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書(手帳)、船員保険年金証書(手帳)、共済年金証書、恩給証書、印鑑登録証明書+実印、介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証、中国残留邦人等支援給付の本人確認証
(2) 次のうち写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書、失効した日本国旅券、身体障害者手帳(顔等が確認できるもの)
※未就学児・児童の場合は、健康保険証+母子手帳でも可能です。
※(2)と(2)では、受付できません。

※氏名・生年月日・性別・ふりがな・住所・本籍等が申請書の記載内容と一致しているものに限ります。
写真付きでない住民基本台帳カードは、申請者本人を確認できる書類には該当しませんので、ご注意ください。

5.前回発行の旅券

  • 有効期限が残っている場合は、有効な旅券を持参しないと新規の受付はできません。なお、有効な旅券を紛失している場合は、窓口までお問い合わせください。
  • 前回の旅券が失効している場合でも、申請時にお持ちください。なお、失効している旅券を紛失した場合は、申請の際にお申し出ください。

※ 前回の旅券は、失効処理をして返却します。

ご注意

《住民票は、原則不要になりました》

  • 美浦村に住民登録のある方は、住民基本台帳ネットワークを利用することにより、住民票の提出を省略できます。
  • ただし、居所の申請をされる方(茨城県外に住民登録があり、美浦村に居所がある方)、印鑑証明書と実印を申請者本人を確認できる書類にされる方は、省略できません。
《ハガキは不要になりました》
  • 平成21年3月31日から不要となりました。

その他

《未成年者および成年後見人が申請する場合》
 
親権者(父又は母)または後見人が、申請書裏面の「法定代理人署名欄」に署名してください。なお、親権者又は後見人が遠隔地にいるために、法定代理人の署名ができない場合は、親権者又は後見人が作成した「同意書」と郵送された封筒を持参してください。

《旅券の有効期限内に申請する場合》
 旅券の残存有効期限が1年未満となったとき、旅券の査証欄に余白がなくなったときは、新規申請をすることができます。なお、残存期間は切り捨てとなります。

《氏名もしくは本籍地の都道府県が変更になった場合》
 新規申請又は訂正申請が必要になります。詳しくは住民課パスポート窓口までお問い合わせください。

《申請者が指定した代理人が申請書類を提出する場合》
 旅券の申請は、代理の方も請求できます。(有効旅券を紛失、焼失した方および刑罰等に該当する方を除く)
 この場合、本人の申請に必要な書類(前項「申請の際に必要な書類」)のほかに、次のことに注意してください。

  1. 一般旅券発給申請書表面の「所持人自署欄」、裏面の「申請書署名欄」は、申請者本人が記入してください。
  2. 一般旅券発給申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」に、申請者本人が必ず、代理人氏名、住所、関係を記入し、申請者の署名をしてください。
    また、代理人は引受人署名欄と連絡先電話番号を記入してください。
  3. 代理人本人を確認できる書類が、前項「申請の際に必要な書類」の「4.申請者本人を確認できる書類」の中から、1つ必要です。

《手数料》
 旅券を受け取るときにご用意ください。

有効期間10年 16,000円(収入印紙 14,000円、茨城県証紙 2,000円)
有効期間5年
(申請時12歳以上)
11,000円(収入印紙 9,000円、茨城県証紙 2,000円)
有効期間5年
(申請時12歳未満)
6,000円(収入印紙 4,000円、茨城県証紙 2,000円)
記載事項変更申請 6,000円(収入印紙 4,000円、茨城県証紙 2,000円)
増補申請 2,500円(収入印紙 2,000円、茨城県証紙 500円)

※収入印紙及び茨城県証紙は、役場住民課でも販売しています。

《有効旅券を紛失・損傷された方、一時帰国者、ヘボン式ローマ字以外の表記を希望される方等の場合》
 前項「申請の際に必要な書類」のほかに必要な書類があります。ご来庁される前に住民課までお問い合わせください。

《団体申請》
 10人以上の申請書を代理で提出する場合は、あらかじめ住民課へご連絡ください。

パスポートの受け取り

  • 受け取り場所は、申請したところと同じ窓口になります。
  • 年齢に関係なく、申請者ご本人が受け取りにおいでください。(訂正の申請と増補の申請は、代理での受け取りができます。この場合、あらかじめ引換書にて代理人を指定してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-840-4071

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年9月14日