公的個人認証

住民基本台帳カードへの電子証明書の発行・更新の終了について

 平成28年1月から始まる個人番号制度に伴い、平成27年12月22日(火)をもって住民基本台帳カードに格納する公的個人認証(電子証明書)の新規発行・更新は終了となります。
 すでにお持ちの電子証明書は有効期間満了日までご利用いただけますが、平成28年1月から交付開始予定の個人番号カード及び、新しい電子証明書は、申請が集中した場合、確定申告を行う期間に交付を受けられない恐れがありますのでご注意ください。
 なお、有効期間満了日をむかえても現行の住民基本台帳カードに格納される電子証明書を希望する方は住民課窓口にて新規発行・更新手続きをしてください(※)。更新手続きの際には、前回設定したパスワードが必要になりますので、事前にご確認ください。また、有効期間は新規発行・更新した日から3年間の有効期間となりますのでご注意ください。ただし、住所、氏名、生年月日、性別の変更や修正がある場合は自動的に失効となります。

※受付は平成27年12月22日(火)までとなります。

制度の目的と概要

 今後、様々な行政手続がインターネットを通じてできるようになります。利用者の方が安心してインターネットを通じた行政手続を行うためには、他人によるなりすまし申請が行われていないことや、利用者からインターネットを通じて送信される電子データが途中で改ざんされていないことを行政機関が確認する機能が必要になります。
 公的個人認証サービスとは、利用者の方が使用する際、各市町村での厳格な本人確認後に都道府県知事が電子証明書を発行することにより、このようななりすまし申請等を防ぐ機能を全国どこに住んでいる人に対しても提供するものです。

根拠

 公的個人認証サービスは、平成16年1月29日に、根拠となる「電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律」(公的個人認証法)が施行され運用されています。

手続の流れ

  1. 住民基本台帳カード(ICカード)を持って役場へ行きます
  2. 電子証明書発行申請書を記入のうえ提出し、写真付きの公的な身分証明書(写真付きの住基カード、運転免許証等)を提示します
  3. 窓口に設置されている鍵ペア生成装置にICカードをセットし、画面の表示にしたがって電子証明書の発行に必要な鍵ペアを記録します
     (同時に公的個人認証サービスでICカードを使うための暗証番号を新たに設定します)
  4. 窓口に鍵ペアが記録されたICカードを提出します
  5. 電子証明書がICカードの中に記録されますので、ICカードを受け取る際に、電子証明書の発行手数料500円を窓口で支払います

《公的個人認証サービスリーフレット》

その他

《電子証明書発行申請をする際に準備するもの》

  1. 電子証明書等を記録するためのICカード(現在のところ住基カードだけです)
  2. 申請者を確認するための写真付きの公的な身分証明書(写真付きの住基カード、運転免許証等)
  3. 電子証明書発行手数料500円

《自宅で電子申請・届出を行う際に準備するもの》

  1. インターネットが利用できる環境
  2. 電子証明書等が記録されたICカード(住基カード)を使うためのICカードリーダ/ライタ
    *住基カード対応ICカードリーダ/ライタ一覧表を役場窓口に備えてあります。

関連ホームページ

 いばらき電子申請・届出サービス

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-840-4071

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年4月22日