外国人の住民登録

 従来の外国人登録法が廃止になり、入管法・住民基本台帳法が変わりました。これにより、平成24年7月9日から外国籍の皆様にも日本国籍の方と同様に住民票が作成されます。

外国籍の方の身分証明が変わります

 外国人登録法の廃止に伴い、外国籍の方が日本に滞在する際の身分証明書となる「外国人登録証明書」が、特別永住者の方には「特別永住者証明書」に、中長期在留者(※3以外の方が該当)の方は「在留カード」に変更になり、確認・更新及び入国等の手続き時に順次交付されます。
※1 現在の外国人登録証明書は、一定の期間「特別永住者証明書」もしくは「在留カード」とみなされます。
※2 現在の外国人登録証明書は、新しいカードが交付されるまで引き続きお持ちください。
※3 在留資格が「短期滞在」、「外交」又は「公用」の方、在留の資格が無い方、在留期間が3カ月以内の方には、
   「在留カード」は交付されません。

特別永住者の方

新たなカードへの切り替えについて

 原則として、交付される場所は従来どおり市区町村の窓口です。現在お持ちの「外国人登録証明書」は「特別永住者証明書」とみなされますが、有効期限がありますのでご注意ください。

「外国人登録証明書」が「特別永住者証明書」とみなされる期間について

 「外国人登録証明書」が「特別永住者証明書」とみなされる期間は、次のようになります。

16歳以上の方 次回確認(切替)期間が2015(平成27年)年7月8日までの方 2015年(平成27年)7月8日まで
次回確認(切替)期間が2015(平成27年)年7月9日以降の方  「外国人登録証明書」の次回確認(切替)申請期間の日(誕生日)まで
16歳未満の方 16歳の誕生日まで

中長期在留者の方

新たなカードへの切り替えについて

《永住者の在留資格を有する方》
 平成24年7月9日から、原則として3年以内に地方入局管理局へ「在留カード」の交付申請をしていただきます。

《永住者以外の在留資格を有する方》
 基本的に平成24年7月9日以降の在留期間更新等の手続きの際に、地方入国管理局で「在留カード」が交付されます。

「外国人登録証明書」が「在留カード」とみなされる期間について

 平成24年7月9日の時点において、外国籍の方が有する在留資格及びその年齢により、「外国人登録証明書」が「在留カード」とみなされる期間は次のようになります。

みなされる期間が「外国人登録証明書」に記載されている次回確認申請期間よりも短い場合がありますのでご注意ください。

《永住者の在留資格を有する方》

16歳以上の方 2015(平成27年)年7月8日まで
16歳未満の方 2015(平成27年)年7月8日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

《特定活動(特定研究活動等により「5年」の在留期間を付与されている者に限る)の在留資格を有する方》

16歳以上の方  在留期間満了の日又は2015(平成27年)年7月8日のいずれか早い日まで
16歳未満の方  在留期間満了の日又は2015(平成27年)年7月8日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

《それ以外の在留資格の方》

16歳以上の方  在留期間満了の日まで
16歳未満の方  在留期間満了の日又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで

外国籍の方の住所証明が変わります

 外国籍の方の住所証明が「外国人登録記載事項証明書」から「住民票」に変わります。

外国籍の方の住民登録手続き

 平成24年7月9日から、日本国籍の方と外国籍の方で構成される世帯についても、世帯全員が記載された住民票の写しが発行できるようになります。また、外国籍の方も日本国籍の方と同様に、住所を変更されるときは届出(転入・転出届、転居届等)が必要になります。

新たに入国した方

 入国してから、最初に住所を定める市区町村が美浦村であるときは、美浦村に住所を定めてから14日以内に、次のものを持参して住民課へ転入の届出をしてください。

《届出の際に持参していただくもの》

出入国港において「在留カード」を交付された方 「在留カード」
旅券に「在留カードを後日交付する」旨の記載がある方 「在留カードを後日交付する」旨の記載がある旅券

住所の変更をした方

《美浦村に転入したとき》
 他の市区町村に住所を定めていた方が美浦村に転入されたときは、美浦村に住所を定めてから14日以内に、次のものを持参して住民課へ転入の届出をしてください。
◇届出の際に持参していただくもの

  • 前住所の市区町村で交付された「転出証明書」
  • 「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」又はそれとみなされる「外国人登録証明書」

《美浦村から転出するとき》
 美浦村に住所を定めていた方が他の市区町村へ住まいを変えるときは、新たな住所地の市区町村に転入の届出をする前に、次のものを持参して住民課へ転出の届出をしてください。それにより、新たな住所地の市区町村で転入の手続きをするのに必要な「転出証明書」が交付されます。
◇届出の際に持参していただくもの

  • 「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」又はそれとみなされる「外国人登録証明書」

《美浦村内で転居するとき》
 美浦村に住所を定めていた方が美浦村内で住まいを変えたときは、新たな住まいに住み始めた日から14日以内に、次のものを持参して美浦村総務部住民課へ転居の届出をしてください。
◇届出の際に持参していただくもの

  • 「在留カード」もしくは「特別永住者証明書」又はそれとみなされる「外国人登録証明書」 

在留資格の変更や在留期間の更新等の手続き

 在留資格の変更、在留期間の更新、在留カードの更新、氏名や国籍等の変更手続きは、すべて地方入国管理局で行います。それにより、それらに関する市区町村での手続きはなくなります。
 その他、ご不明な点・新しい制度の詳細については、下記のホームページをご覧ください。

《新しい在留制度、特別永住者に関することについて》
 法務省入国管理局ホームページ http://www.immi-moj.go.jp/

《外国籍住民に係る住民基本台帳制度について》
 総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/zairyu.html

《外国籍住民に係る住民基本台帳制度に関するお問い合わせ》
 総務省コールセンター(多言語電話相談窓口)のご案内
 ・電話番号 0570-066-630(ナビダイヤル) 03-6301-1337(IP電話、PHSからの通話の場合)
 ・受付時間 AM8:30~PM5:30
 ・開設期間 平成25年3月29日まで(土日祝日、年末年始を除く)
 ・対応言語 日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の6言語

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-840-4071

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2016年4月21日