戸籍

 戸籍は、個人の身分関係を公に証明するものです。一つの夫婦およびこれと氏を同じくする子を単位として作られ、この戸籍があるところを本籍地といいます。

戸籍に関する届け出

届け出種類 届け出に必要なもの 届出期間 届出地 届出人
出生届
  1. 届け書1通
  2. 母子健康手帳
  3. 国民健康保険被保険者証
  4. 印鑑
生まれた日から14日以内 生まれた子の父または母の本籍地か住所地または生まれた場所の市区町村役場 父または母
死亡届
  1. 届け書1通
  2. 国民年金証書
  3. 国民健康保険被保険者証
  4. 印鑑
  5. 介護保険被保険者証
  6. 後期高齢者医療被保険者証
亡くなった日から7日以内 亡くなった人の本籍地または死亡した場所の市区町村役場、届出人の住所地 親族または関係人
婚姻届
  1. 夫・妻の本籍が届け出地にあるときは届け書1通
  2. 届出地に一方の本籍があるときは届出書1通、無い方の戸籍謄本1通
  3. 双方届け出地に本籍がないときは届け書1通、戸籍謄本各1通
  4. いずれも印鑑(一方は旧姓の印鑑)が必要、未成年者は父母の同意書が必要
  5. 本人確認資料(※)
届けた日に効力を生じます 夫または妻の本籍地か住所地の市区町村役場 夫妻(成人の証人2人が必要)
離婚届 届け書1通、届け出地に本籍および復籍する戸籍がないときは双方の戸籍謄本1通、
本人確認資料(※)
同上 夫婦の本籍地か住所地の市区町村役場 夫婦(成人の証人2人が必要)
離婚の際に称していた氏を称する届 届け書1通、届け出地が本籍地以外の場合は戸籍謄本1通、
本人確認資料(※)
離婚時と同時または離婚の日より3カ月以内 本籍地か住所地の市町村役場 離婚によって復氏するもの
認知届 届け書1通、届け出地に本籍がない認知者・被認知者の戸籍謄本各1通、
本人確認資料(※)
届けた日に効力を生じます 父か子の本籍地または父の住所地の市区町村役場 認知者
養子縁組届 届け書1通、届け出地に本籍がないものは戸籍謄本1通、養子が未成年者の場合は家庭裁判所の縁組許可の審判書の謄本(自己又は配偶者の直系卑属を養子とする場合を除く)、
本人確認資料(※)
同上 養親および養子の本籍地または届出人の住所地の市区町村役場 養親・養子。
ただし養子が15歳未満の場合は縁組の代諾者(成人の証人2人必要)
養子離縁届 届け書1通、届け出地に本籍および復籍する戸籍がないときは双方の戸籍謄本各1通(養親死亡のときは家庭裁判所の許可の審判書の謄本)、
本人確認資料(※)
同上 同上 養親・養子または離婚協議者(成人の証人2人必要)
入籍届 届け書1通、届け出地に本籍および入籍する戸籍がないときは双方の戸籍謄本各1通、家庭裁判所の許可書、
本人確認資料(※)
同上 入籍者の本籍地または届出人の住所地の市町村役場 入籍者。入籍するものが15歳未満のときは法定代理人(親権者)
分籍届 届け書1通、現在の本籍地以外の市区町村に分籍するときは戸籍謄本各1通、
本人確認資料(※)
同上 分籍者の本籍地または届出人の住所地または分籍地の市町村役場 分籍者(成年者であること)
転籍届 届け書1通、現在の本籍地以外の市区町村に転籍するときは戸籍謄本1通、
本人確認資料(※)
同上 転籍地または本籍地・住所地の市区町村役場 戸籍の筆頭者およびその配偶者

※本人確認資料について

  1. 運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード(写真付き)など、官公署が発行した証明書類。
  2. 上記1がない場合は、健康保険または介護保険の被保険者証・各種年金証書・国民年金手帳・実印と印鑑登録証などを複数組み合わせで提示していただくことになります。詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは住民課です。

本庁舎1階 〒300-0492 茨城県稲敷郡美浦村大字受領1515

電話番号:029-885-0340(代) ファックス番号:029-840-4071

お問い合わせフォーム
前のページへ戻る このページの先頭へ戻る
印刷する
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2015年6月3日